賃貸物件で「おとり広告」 福岡県が再発防止命じる

福岡市の不動産会社が、実際には無い賃貸物件を、インターネットのサイトに実在するかのように掲載していたのは、不当に客を誘う「おとり広告」に当たるとして、福岡県は景品表示法に基づき再発防止を命じました。

コメントは受け付けていません。