中央道で事故 積み荷など落下 1人死亡 8人けが

30日午後、岐阜県多治見市の中央自動車道の上り線で、工事中の現場にトラックが突っ込み、積み荷などが下を通る国道に落下しました。この事故で、高速道路の工事現場にいた40歳の男性が死亡したほか、8人がけがをしました。

コメントは受け付けていません。