東京や神奈川で猛烈な雨か 土砂災害などしばらく注意

前線や湿った空気の影響で関東地方は大気の状態が不安定になり、東京や神奈川県では、レーダーによる解析で30日午後、局地的に1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。関東の雨は次第に弱まっていますが、気象庁は、このあとしばらくは土砂災害などに注意するよう呼びかけています。

コメントは受け付けていません。